OkiTool開発日記

データベース参照ツールを開発しています。そのツールの開発、利用方法秘話などなどの紹介

「疾患管理テンプレート(糖尿病・CKD)」の検査データインポート方法マニュアル

f:id:syskobo:20171117141929j:plain

 

f:id:syskobo:20171117142004j:plain

「疾患管理テンプレート」へのインポートデータをOkiToolで作成

「疾患管理テンプレート(糖尿病・CKD)」とは施設内における糖尿病・CKD 患者の関連検査項目を入力し、データベース化するためのシステムです。全患者の検査結果を入力する事で必要な検査、処置の抜け漏れを明確にし、施設全体の疾患管理状況を“見える化”するためのツールです。

sys-cobo.com

依頼がありましたので、サクッと抽出しました

基本、患者データ、検査データ、投薬データは電子カルテより抽出し、疾患管理テンプレートへインポートすればOKです

 

f:id:syskobo:20171027085210j:plain

 

患者データの抽出はどの患者を対象とするかは????

患者データについては今後再抽出がありそうです

 

検査結果はとりあえず、HbA1C、eGFR、尿中アルブミン、尿蛋白、LDLコレステロールを抽出

eGFRについては、クレアチニンの検査結果はあってもeGFRを計算していない患者が多いため抽出時eGFRを計算しました

 

f:id:syskobo:20171027085502j:plain

 

OkiToolでは取得したデータを右クリックメニューから簡単にエクセルまたはCSVへエクスポートが可能です

 

インポートしたデータのチェックシートが以下になります

 

f:id:syskobo:20171027085444j:plain

 

OkiToolを使って、SKYSEAのリモート操作画面(複数端末)を切替える(VNCでも可)

保守業務として、操作方法の説明などSKYSEAのリモート操作機能(またはVNC)を使って行っています

f:id:syskobo:20171019172008j:plain

 

複数のパソコンのリモート操作を行うときOkiToolが便利です

 

端末一覧の右クリックメニューより

f:id:syskobo:20171019172426j:plain

 

SKYSEA Client Viewを選択し

f:id:syskobo:20171019172524j:plain

 

選択したパソコンのリモート画面を起動します

SKYSEAからリモート操作を開始するとフルスクリーンで起動しますが、OkiToolからだとフルスクリーン起動のオプションを変えて起動していますので非フルスクリーンで起動できます

f:id:syskobo:20171019172634j:plain

 

リモート画面起動後、OkiToolよりプロセス一覧を開きskyrec2clientプロセスを選択します

f:id:syskobo:20171019172743j:plain

 

OkiToolのTABにリモート操作画面を取り込んで、TABを繰り替えで複数画面の切り替え表示(操作)が出来ます

f:id:syskobo:20171019172934j:plain

 

VNCと違いSKYSEAはリモート操作画面の大きさを自由に変更でき非常に便利に使っています

看護師の勤務種別

O病院の看護師の勤務種別は89種類あります

こんなの看護管理室以外覚えられません

しかし、看護管理室より問い合わせが絶えませんので、勤務種別一覧を出力できるようにしました

また、同じ勤務種別でも病棟により勤務開始時間、終了時間が異なるため複雑です

OkiToolのフィルターで病棟毎の勤務コードを表示しないと時間まで確認できないです

f:id:syskobo:20171005135254j:plain

 

下の図は月単位の勤務回数一覧です

どこの病棟で何の勤務を使って勤務表を作成しているかが分かります

また、平日、休日(土、日、祝日)毎にカウントしています

f:id:syskobo:20171005135233j:plain

透析月別台帳

MegaOakDWHに透析のデータがありましたので月別台帳を作成しました

今までは、透析患者の経過、予定、実績を把握するため、自前でエクセルにデータ入力を行っていたようです

 

f:id:syskobo:20171004083801j:plain

 

透析指示と実施の有無を二段で表示しています

患者番号、区分及び血液浄化方法でグルーピングしています