DBBrowser開発日記

データベース参照ツールを開発しています。そのツールの開発、利用方法秘話などなどの紹介

PatientReport のリリース

SecondaryUse for 「診療情報提供書 作成ツール」を作成しました クリニックや小規模病院向けです データをOracleなどに保存すれば大規模病院でも利用可能かもです ランチャーより「診療情報提供書」をクリック 患者一覧画面が表示されますので、患者を追加…

ワードパット

ワードパットの紹介です ワードパットは任意の文字列を他のテキストボックスへ貼り付けることにより入力作業を簡単にするツールです それぞれのボタンに関連付ける文字列を入力します ボタンを押下することでフォーカスのあるテキストボックスへ文字列を張り…

マスタ登録

マスタメンテナンスも保守業務の一つです 病院業務において新しい診療材料、薬品の入れ替わりは日々発生します それに合わせてマスタへの登録が必要になります 登録データはSPDよりEXCEL一覧で届きますので、以前はEXCELからコピー&ペーストしていました EXC…

DBBrowserのWebサービス

DBBrowserは独自のWebサービスと連携します Oracleを例に挙げます C/Sモデルにおいて、通常、クライアント側にOracleClientのインストールが必要と思いますが、Webサービスを利用することでOracleClientのインストールが不要になります ☆クライアントAPP ↓ ↑…

不具合報告

保守業務を行っていますが、不具合が発生したとき、現場からはTEL連絡がほとんどです リモート接続でリアルタイムで調査しますが、患者様が居る場合そうはいきません 中には、TEL連絡が面倒と思い不具合があっても連絡頂けないことが多々あります しかし、保…

DBBrowserをベースとした製品紹介

株式会社ベルノ社の介護支援システムはDBBrowserを使用しています http://www.belno.net/jigyou/#soft

Dsoframer.ocxで他のエクセルに関与しない方法

以前から悩んでいました、Dsoframer.ocxを使用したときに、エクセルが立ち上がっていれば、そのエクセルのプロセスを使用してしまい、使用された方に不具合が発生していましたが、Dsoframer.ocxでファイルをオープンする前にInteropで開けば回避できることが…

DBBrowserのリリース(ダウンロード)

ベクターよりダウンロード出来る様になりました www.vector.co.jp SecondaryUseとの違いは ・データ連携は対応していないので実行ファイルが小さい ・サンプルデータが少ない などです

SecondaryUseのリリース(ダウンロード)

ベクターよりダウンロード出来る様になりました お時間ある方はお試しください www.vector.co.jp

医療系での利用内容紹介

医療系での利用内容紹介記事 ◆外来患者の同姓同名者一覧の取得 ◆診察券再発行枚数の取得 ◆電子カルテ記事(診療録)のエクスポートについて ◆推定1日食塩摂取量 ◆診察前検査のオーダー忘れ ◆各種研修会受付業務 ◆看護必要度Ⅱの内服薬展開について ◆「重症度…

外来患者の同姓同名者一覧の取得

患者取り違え(患者誤認)の予防として外来患者の同姓同名者一覧を毎日出力しています HISベンダーにお願いし基本票に出力する様にカスタマイズしましたが、当日予約患者のみの重複ではなく、電子カルテ全体で同姓同名を判断する仕様になっていました 当然、…

SecondaryUseを使った施設内PCのサポート方法

SecondaryUseでは施設内の電子カルテPCの端末リストを管理している 端末一覧では ・端末名称(IPアドレス) ・端末設置場所 ・当該端末の「通常使うプリンタ名称」 ・当該端末の起動時間 ・当該端末の自動ログオフまでの待ち時間 ・当該端末の近傍内線電話番…

SecondaryUseを利用したシステム開発について

SecondaryUseを利用すればC/S系のシステムが最短工数で開発出来ると思われます。 http://www.src-j.com/books/pdf/154_pt.pdf 参照系、帳票出力の処理はSecondaryUseの標準処理で出来ますので開発が不要になります 足りないのは登録/更新系の処理です DB設…

CSVファイルの簡単編集

データ加工などCSVファイルの編集を行いたい事が多々あります SecondaryUseではCSVファイルの編集が見た目で出来ます ①CSVファイルを開く ②編集モードする DataGridViewが編集モードになりますので ・列の順番入替(編集モード以外でもOK) ・列の削除(列を…

診察券再発行枚数の取得

最近、診察券の磁気不良が多発しているとの事である 磁気不良で回収した診察券と発行時の印刷不良などで患者に渡さなかった診察券の一部(100枚弱)が当部署に回ってくる それだけ見ると、多い様に思えるが全体的にどの位の割合なのか調査しました 医事シ…

推定1日食塩摂取量

1日食塩摂取量は計算式で求められるとのこと ひとりひとり計算するのは大変なので検査結果として表示ならないか?と検査科へ問い合わせがあったため、その日の検査結果からSQLで計算し表示する様にしました 指定日に随時尿Na、随時尿Crを検査している患者を…

診察前検査のオーダー忘れ

次回予約の予約コメントに「診察前検査あり」として予約を入力しているが、 検査オーダーの登録忘れが多々あるようです。 電子カルテ側で、その様な状態のときワーニング表示して欲しいとの要望がありましたが、予約オーダー、検査オーダー、入院、外来と入…

各種研修会受付業務

病院では月に数回色々な研修会を行っています その中で、医療安全研修会と感染対策研修会は必須となっていて、参加回数が足りないときはレポート提出もあります 以前、研修会の参加者は会場入り口に用意させていた紙に名前を書いていましたが、毎回データに…

検査試薬の在庫管理

検体検査の精度の確保等についての改正省令に伴い、検査試薬の台帳管理を行う事になりました http://www.jamt.or.jp/information/kaiho/prompt_report/asset/pdf/30.9.1%E5%8F%B7.pdf 検査部門に言われたまま作成したので良いかどうかわかりませんが、とりあ…

看護必要度Ⅱの内服薬展開について

通常、入院中の処方をオーダーするとき、「今日から7日分」としてオーダーする。 この時、医事側でも、N日に7と表記なり、N日のデータとして丸められる 疑義解釈に があるため、1回で7日分オーダーした場合、1日分しか評価できない 毎日指示(オーダー…

重症者等療養環境特別加算対象患者の抽出

適時調査のために準備しなくてはいけません hpcase.jp products.ndis.jp 今回は、「重症者等療養環境特別加算の施設基準に係る届出書添付書類」様式23の2 の自動出力です clinicalsup.jp SecondaryUseで出力した内容をそのままでは使えませんので、対象患者…

SecondaryUseでダッシュボード(看護必要度)もどき

以前記載した「SecondaryUseでの楽々文書管理」を利用して、ダッシュボードもどきを作成しました 看護必要度精度検証で取得したデータを、病棟、年月単位にグラフを出力しPDF出力、 そのデータをSecondaryUseに貼り付けた簡単なダッシュボードです それらし…

「看護必要度精度検証」 - HファイルとEFファイルの突合(改)

看護必要度の精度検証を以前掲載した【「看護必要度精度検証」-HファイルとEFファイルの突合】の方法で行っていましたが、2行になるためソートしたときバラバラになり使い勝手が悪いとの指摘がありましたので、1行バージョンを作成しました 元ネタ(デー…

看護必要度Ⅰと看護必要度Ⅱの比較(月報出力)

以前の記事で看護必要度のHファイルとEFファイルのリアルタイム突合の話を書きましたが、今回、厚労省からEFファイルのコードが開示されましたので、そのコードに置き換えて突合処理を行う事とする すなわち、一般病棟用の重症度、医療・看護必要度Ⅰ(Hファ…

電子カルテの帳票出力(電子カルテシステムの足りない所を補うアプリ?) その4

帳票の内容を変えてほしいとき、電子カルテシステムではレイアウトのちょっとした変更は可能ですが、項目を追加したりするのは有償になると常々言われています そこで、電子カルテシステムに無い帳票をSecondaryUseより印刷しています。 SecondaryUseから印…

診察までの待ち時間調査(外来患者待ち時間調査)

電子カルテシステムのDBからでは診察開始時間の取得が出来ない予約データに診察開始時間、診察終了時間のカラムはあるが、診察前にカルテを開いたとき(診察の予習)でも診察開始時間になるため予約データの診察開始時間は当てに出来ない そこで思いついたの…

SecondaryUseから呼び出すメソッドの作成方法

public TabPage メソッド名称(object sender) { //TABのタイトル、イメージをマスタより取得 DataRow dr = Sta.ActionMethod(System.Reflection.MethodBase.GetCurrentMethod().Name); if (dr == null) return; string nImageNo = dr["imageno"].ToString();…

SecondaryUseの拡張性

SecondaryUseのカスタマイズを容易にするため以下に対応をしました ◆機能画面(メニューから起動しTAB表示する画面)はマスタ(DB)設定で行う ・実行可能機能画面はマスタに定義され、メニューへ反映される ・メニューから実行されるメソッドはマスタに文字…

WebBoewserでのOffice埋め込み表示

以前のOfficeバージョンではWebBoewserでOffice(Excel、Word)の埋め込み表示が出来ていたが、2010では出来なくなったので調べたところ、レジストリの設定変更で可能との事 わざわざ、officeのプレビューにDsoframer.ocxを利用していたが、WebBoewserで出来…

SecondaryUseでの楽々文書管理

文書管理のシステムは色々なメーカーが手掛けていますが、導入するのにちょっと敷居が高ったのでSecondaryUseで文書管理が出来るようにしました 文書管理といっても、文書をファイリングするだけで、難しいことはしていません 1)簡単にプレビューが参照で…