OkiTool開発日記

データベース参照ツールを開発しています。そのツールの開発、利用方法秘話などなどの紹介

「看護必要度精度検証」 - HファイルとEFファイルの突合

DPC病院では看護必要度の精度を上げるために、 HファイルとEFファイルの突合を行っていると思いますが、それぞれ、Hファイル、EFファイルを作成しなければなりません。

EFファイルはDPCデータから作成するのが殆どですので1カ月遅れになります

1カ月後に何万件ものデータを見直すのはすごく大変です

 

でも、

Hファイル → 看護必要度データ (電子カルテデータ)

EFファイル → 診療明細データ (医事データ、DPCデータ)

 でデータは既にありますので、リアルタイムで突合が行えないか試行錯誤しています

 

リアルタイムの内容ですが、オーダーデータを医事側に取り込んで明細データを作成しますが、取り込みの運用により当院のリアルタイムは早くて3日前のデータになります

 

オーダー登録

 看護必要度登録(+1日後)

 医事データのデータ取り込み (+2日後)

 医事データと看護必要度の突き合わせチェック(+3日後)

 

 

全てのHファイルの項目がすぐに突合チェックできませんが、出来るところから行います

 で、A項目の看護必要度は突合が行えるようになりました

 

今後、手術を進めていきます

 

f:id:syskobo:20170804131458j:plain

 

出力は、日付、病棟単位です

一日分の入院入院患者の確認を毎日行うようにすれば、比較的容易に修正可能と思いますが、看護師の運用次第ですかね

項目の上段が看護必要度チェック項目

下段が医事データから生成した看護必要度の項目です

上段、下段を比較して判定します

 

http://www.ne.jp/asahi/syskobo/site/kangohikakulist.pdf

 

比較するデータは、比較しやすい様にOracleのViewとMviewを駆使してSQLのみで行っていますので、細かな比較はできませんが統計ぐらいは出来ます

 

f:id:syskobo:20170815175419j:plain

 

f:id:syskobo:20170815175441j:plain