OkiTool開発日記

データベース参照ツールを開発しています。そのツールの開発、利用方法秘話などなどの紹介

手離れが良いOkiTool(糖尿病薬剤一覧の例)

 処方薬剤など、四半期ごとの見直しや、新しい薬剤、ジェネリックへの切り替えなどで抽出条件の変更が多々発生します。

f:id:syskobo:20180109104602j:plain

 

 一寸前までSQLの中に糖尿病薬剤コードを記載していたため、薬剤コードの変更時、修正対応が必要でした。

 でも、薬剤コードのメンテナンスを抽出者本人が出来れば煩わしさから解放されます。

 

 抽出する薬剤コード一覧をエクセルで作成し、OkiToolでエクセルファイルを開きます。「エクセルファイルを開く」

f:id:syskobo:20180109110504j:plain

 

 エクセルファイルを開いた内容が以下になります

内容を確認し、「インポート」を行えばDBへ反映されます

f:id:syskobo:20180109104618j:plain

 

反映した内容もOkiToolで確認できるようにしました。

f:id:syskobo:20180109104629j:plain

 

 インポートした内容で、処方患者一覧が抽出出来れば完了です

f:id:syskobo:20180109104602j:plain

 

 今まで、SQLで抽出する薬剤コードを管理していたため、抽出者が直に確認することが出来ませんでしたが、エクセルデータ→インポート→薬剤一覧の確認→処方患者一覧と全て抽出者が確認できる様になり、手離れも良くなりました。