SecondaryUse開発日記

データベース参照ツールを開発しています。そのツールの開発、利用方法秘話などなどの紹介

データベース参照ツール、SecondaryUse(二次利用)

SecondaryUseとは任意のデータをデータベースからSQLで取得し表示します
SQLをサーバに保存すれば、利用者全員で共有が出来ます。またローカルファイルとして登録すれば端末ごとに任意のSQLを実行することも可能です

表示したデータはエクセルへのエクスポートも簡単にできますし、ワードへの差し込み印刷も可能です

エクセルへのエクスポートでは自動でグラフ表示も可能です

その為、DWHと同様の使い方が出来、DWH専用DBを必要としません

CSVXMLへの出力も可能です

 

SecondaryUseはデータの二次利用を簡単に実現します

 f:id:syskobo:20190422155018j:plain

本来DBBrowserはエディタ上に入力したSQLを実行しデータを表示していましたが、誰でも簡単にデータ抽出出来るようにSQLを外部に保存し実行できるようにしたのがSecondaryUseです

DBBrowser同様、サーバとの通信はSOAPを利用していますので、ORACLEなどはClientのインストールが不要です。

さらに、SSL/TLSプロトコル(https)を使用してインターネット経由でもデータベースとの接続が可能です。

また、ODBCでの接続も出来るのでローカルネットワーク環境ではサーバなしでも利用できます

syskobo.hatenablog.com

http://syskobo.html.xdomain.jp/SecondaryUse_simple_manual.pdf

 

SimpleUse は SecondaryUseと同じですがランチャー起動のアプリを外したバージョンです

MedicalUseSimpleUse に 医療機能を追加したバージョンになります

現在は SecondaryUse としては公開していませんので、MedicalUseSimpleUse を使用してください

 

構築依頼につきましては下記よりお願いいたします

coconala.com

 

dsoframer.ocxを変更?

dsoframer.ocxの64-bit (x64)との内容でしたので、ダウンロードして試したのですが

64-bitでは動作させることが出来ませんでした

f:id:syskobo:20210721125252p:plain

 

32-bitでは動きましたので、windows10対応と云う事でdsoframer.ocxを置き換えましたが、院内システムでは以前のdsoframer.ocxを利用していますので結局戻しました

f:id:syskobo:20210715155422p:plain

小生が試した内容ではどちらも問題なく使えるようです

f:id:syskobo:20210715155444p:plain

 

一般病棟用の重症度、医療・看護必要度A・C項目に係るレセプト電算処理システム用コード一覧の変更

一般病棟用の重症度、医療・看護必要度A・C項目に係るレセプト電算処理システム用コード一覧の変更がありました

 

000665999.xlsx → 000763824.xlsx

 

MedicalUseSimpleUse で利用する最新版のコードデータはご要望があれば作成します。

実行SQLの参照について

抽出内容を他人に説明するのにSQLを見て貰った方が早い場合があります

そのため、実行したSQLを抽出するようにしました

 

ショートカットメニューの「SQLコマンド取得」のクリックでSQLクリップボードに貼り付けします

f:id:syskobo:20210427154153p:plain

その後メモ帳に貼り付ければ実行したSQLを確認できます

f:id:syskobo:20210427154228p:plain

 

DrugSearchでQRコード印字

QRコードの印字を出来る様にしたので、実践的な使い方を試してみました

DrugSearchは薬剤データを取り込み、マスタ登録用紙を簡単に作成する想定で作成しましたので、登録薬剤のQRコードを印字するようにしました

f:id:syskobo:20210310165751p:plain

 

一覧のショートカットメニューから登録用紙を印刷します

余談ですが実践的に使うのであれば、設定で一括即印字も可能です

f:id:syskobo:20210310170300p:plain

 

QRコードの内容は出来る範囲で自在に設定可能です

サンプルでは、SQLに以下の項目を追加しEXCELシートのQR_CODE1を置換しています

なので、項目はある程度、応用が可能です

a.告示名称 || char(13, 10) || d.一般名処方の標準的な記載 || char(13, 10) || a.製造会社 || char(13, 10) || a.販売会社 || char(13, 10) || a.JANコード || char(13, 10) || ifnull(c.販売包装単位コード,'14987' ) QR_CODE1 

 

 f:id:syskobo:20210310165701p:plain

上記画像を拡大しQRコードスマホで撮影するか、以下の画像を撮影して内容を確認できます

 f:id:syskobo:20210310174134p:plain

 

薬品管理のプログラムがQRコードに対応していれば、QRコードを読み込むだけで登録が出来るかもしれません

 

詳しくは以下よりダウンロードし試してください

Version 4.21.3.1からQRコードを印字するようにしました

www.vector.co.jp